MENU

気になるやけど跡を完全に消す3つの方法

やけど 跡 消す

 

やけどを負うと、稀に跡が残る場合があります。夏場などは、その跡が目立つので嫌だと感じる人も多いでしょう。

 

しかし、適切な方法を用いれば跡を消す、もしくは限りなく目立たなくさせることが可能です。やけどの跡を消すには、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

初期対応でやけど跡が残るかが決まってくる?!

 

やけど 跡 消す

 

やけどの跡は、やけどしてから6時間以内に適切な対処をしていればほとんど残りません。

 

ただし、これは「T度」という軽度のやけどにのみ適用されるもので、水ぶくれなどが発生するU度以上のやけどは、対処云々関係なく跡が残ってしまう可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

 

やけどをしたら、跡が残るのはある意味では仕方がありません。皮膚が損傷し、それを修復する間に色素沈殿が生じるので周囲の皮膚と色が違って見えてしまうからです。

 

ただ、最近はある方法を用いることでやけどの跡を限りなく目立たせなくすることができると話題になっています。

 

 

コラーゲンはやけど跡を早く治療してくれる効果がある

 

やけど 跡 消す

 

やけどをした際に、ビタミンCを多く摂取するとやけどの跡を消すことが出来ると言われています。ビタミンCを多く摂取することによって、コラーゲンを多く生成してくれます。

 

このコラーゲンの働きによって、色素沈着を和らげてくれる効果があるのです。これによって、やけどの跡を早く治癒させることが可能なのです。

 

スポンサーリンク

 

皮膚は体の内部から癒すだけでなく、外部から直接ビタミンCを摂取させることも重要になります。

 

高濃度のビタミンCが配合されているローションなどを、患部に塗りこむことによって、跡を消す作用があります。

 

その代表的なのが、ラベンダーのエッセンシャルオイルです。こちらはやけどの治療に効果があると言われており注目が集まっています。

 

 

やけどをした後の紫外線にはご用心!

 

やけど 跡 消す

 

やけどをした場合、色素沈着が促進されるような環境はやけどの跡をより残してしまうので、良いとは言い切れません。

 

そのため、紫外線を浴びるような環境の時は衣服や手袋、日焼け止めなどを塗って紫外線からやけどの跡を守るようにしましょう。