MENU

舌をやけどした!舌の痛みを早く治す2つの方法

舌 やけど

 

舌は食事以外でも日常生活で頻繁に使用します。そして舌先はとても敏感なので、ちょっとした異変が出来るとすぐに気になって仕方がなくなってしまうのです。

 

そんな舌がやけどした場合、どうすれば早く痛みを和らげることができるのでしょうか。

 

 

舌先だけがやけどしている!?

 

舌 やけど

 

やけどは、熱い飲み物や火、油の飛びなどが皮膚に触れて損傷することを指します。手や肘などにやけどをするイメージはありますが、舌はあまりイメージとしてはありませんよね。

 

お茶やコーヒーなど熱い飲み物を飲んでも、やけどをするという感覚はありません。

 

そもそも、90℃もある液体を腕とかにこぼしたら、大惨事になるのに口の中に入れてもあまり熱さを感じないのだから、仕方がない部分もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ですが舌も、熱すぎるとさすがにやけどをします。ただ、舌と言っても熱さを感じるのは舌先だけですから、やけどをするのも舌先だけです。

 

こうした感覚の違いがあるので、舌はやけどをしないものだと考えてしまうのです。

 

 

舌をやけどしたら氷を舐めて患部を冷やす

 

舌 やけど

 

あまり意識をしない舌のやけどですが、一度発症してしまうと気になって仕方がありません。

 

口内で起きたトラブルですから、腕のように流水でずっと冷やしておくこともできません。

 

ですがやけどの初期治療は、どの場所でも同じで「冷やす」ことが何よりも優先されます。

 

スポンサーリンク

 

そこで舌に出来たやけども氷を使ってどんどん冷やしていきます。

 

出来れば、舌先の感覚が冷たすぎて無くなってしまうぐらい氷を舐めて冷やしていきましょう。

 

1個で足りなければ、2個、3個とどんどん追加をして良いので冷やすことを最優先させます。

 

 

舌でハチミツを舐めて治療を加速させる

 

舌 やけど

 

氷である程度の痛みを取り除いたら、次に「ハチミツ」を患部に垂らします。

 

ハチミツは美容成分が含まれており保湿もできるスグレモノ。美容商品などにも含まれているほどですから、その効果は折り紙つきです。

 

患部にハチミツを垂らし、上口のところに舌先を押し当てるようにして、舌に沁み込ませるようにして舐めていきます。これで早めに舌のやけどは治るでしょう。

 

 

舌のやけどはとても厄介です。早めに治すには患部を出来るだけ早く冷やして、ハチミツを使って保湿を保つことが重要なので、覚えておきましょう。