MENU

低温やけどは気づかないうちに症状が重症化し危険!?

低温やけど 症状

 

冬場に発生しやすい低温やけど。ヒーターや湯たんぽなど、温度が比較的低いものが長時間肌に触れることによって発生します。

 

そんな低温やけどですが、どういった症状が出てくるのでしょうか。

 

 

気付かずに脂肪細胞に熱が蓄積され症状が悪化する…

 

低温やけど 症状

 

通常のやけどは、外部から油や熱い液体などが腕などの皮膚に触れることで、皮膚が熱傷を引き起こして症状が現れます。そのため、自覚をするのですぐに冷やすなどの行動が取れます。

 

やけどは、とにかく冷やして熱傷が皮膚の奥深くにまで進むことを防ぐことを真っ先に考えなければいけません。早く冷やせばそれだけ軽症で済むのです。

 

スポンサーリンク

 

しかしながら、低温やけどの場合は温度が低いものが長時間あたる程度ですので熱傷を感じることはありません。

 

つまり、自覚せずに脂肪細胞という皮膚の奥深くまで温められてしまうのです。

 

 

体の構造が低温やけどの症状を引き起こす

 

低温やけど 症状

 

皮膚表面は血液の循環が頻繁にあるので、冷やされやすい傾向にあります。

 

しかしその奥深くにある脂肪細胞は、血液量が少なくて冷やされにくい環境がありますので、やけどを引き起こしてしまうのです。

 

しかも、表面ではなくいきなり皮膚の奥深くですから症状も悪化しやすいのです。

 

 

低温やけどは重症化しやすい!

 

低温やけど 症状

 

通常のやけどと、低温やけどでは症状にどのような違いが生じるのでしょうか?

 

通常のやけどであれば、皮膚に触れた物体の温度などによって、やけどの症状は変わりますが、すぐに冷やす処置を取ることで軽症させることが可能です。

 

スポンサーリンク

 

ですが低温やけどは、知らない間に内部にまで熱が溜まりやけどを引き起こすので、自覚症状として現れた頃には重症化しています。

 

低温やけどの場合、重症度を表わす深度表記で一番軽いT度ということはあり得ません。

 

水ぶくれなどが生じるU度になっている可能性が高いので、激しい痛みや腫れを伴うことが多いという特徴があります。

 

 

気付いたら重症化しているのが、低温やけどの怖い点です。常に温度が低いものを使う場合には、使用方法を確認して正しく使いましょう。