やけどを治療する2つの薬【痛みと傷跡を残さない】

やけど 薬

 

日常生活で、やけどは身近な怪我です。家庭で、仕事場で火を扱う場合にうっかりとやけどしてしまうことも多いでしょう。

 

そんな時に、すぐに痛みを抑えて怪我を治してくれる薬などはあるのでしょうか?

 

 

湿潤療法というやけど治療が主流に

 

やけど 薬

 

やけどの治療と言えば、すぐに冷やして放置するというのが一般的でした。ところが今は、それだけではなく「湿潤療法」という方法が主流になってきています。

 

やけどをした場合には、軟膏を幹部に塗り痛みを和らげつつ、怪我の治りを促進させるものが主流です。

 

スポンサーリンク

 

しかし、この方法で効果があるのは一番軽い火傷の「T度」と呼ばれる状態のもののみです。

 

それ以外の水ぶくれを伴うやけどである「U度」や壊死してしまう重傷の「V度」ともなれば、軟膏でどうにかなるレベルではありません。すぐに病院に行き適切な処置を受けるようにしましょう。

 

 

日焼けなどにも使えるやけどの薬

 

やけど 薬

 

やけどの薬として広く使われているのが、「非ステロイド軟膏」です。

 

効能効果のところに「やけど」が記載されている商品の中でも、ステロイドの成分が入っていない商品群のことを指します。

 

スポンサーリンク

 

軽いやけどや日焼け、さらにはしもやけなどに効果を発揮します。

 

薬局やドラッグストアなどにも売られており、最近はネットショッピングでも気軽に購入できるので、もしものために1つ用意しておくと助かります。

 

 

効き目が強いステロイド軟膏薬

 

やけど 薬

 

やけどの痛みが少し強い場合には、「ステロイド軟膏」と呼ばれる塗り薬を用いるのが良いでしょう。こちらは、非ステロイド軟膏に比べて効き目が強いので、痛みや赤みを抑える効果が高いと言われています。

 

ただステロイド軟膏は、免疫力を低下させてしまう作用もあるので、幹部の炎症が強い場合やジクジクしている時などは、使用を控えるようにしましょう。

 

ステロイド軟膏は、気軽に利用できるものではありませんので購入する場合には、使用方法などを登録販売者や薬剤師に相談してください。

 

 

やけどは決して珍しい病気ではありません。しかし、いざやけどしてしまうと処置方法やその後のケアなどをど忘れしがちになります。

 

そうならないためにも、日頃から準備を怠らないようにしておきましょう。