やけどを治療する新常識「湿潤療法」のスゴイ効果!

やけど 治療

 

やけどをしたらどうするか、しっかりと考えたコトがある人は少ないのではないでしょうか。

 

突然やってくるやけどの治療方法で、最適なのは何なのでしょうか。

 

 

現在2種類のやけど治療方法がある

 

やけど 治療

 

やけどの治療で真っ先に思いつくのが「患部を冷やす」行為ですよね。

 

まずは患部を冷やすとは昔から言われていますが、この方法は医療技術が発達した現代においても効果的だと言われています。

 

15分以上流水で冷やし、痛みが和らぐのを待ちます。冷やすことによって、皮膚がさらに熱傷していくのを防ぎ最小限のやけどで済ますことができるのです。

 

スポンサーリンク

 

患部を冷やしてからの治療方法として、現在は2種類のパターンが用意されています。

 

まずは、消毒をして絆創膏を貼るというもの。もうひとつは湿潤療法を採用し、人間本来が持つ治癒能力を使って患部を治療していくという方法です。

 

 

従来のやけど治療方法は否定されている

 

やけど 治療

 

結論から言えば、消毒をして絆創膏を貼るという従来からの常識は現在は否定されています。

 

逆に治りが悪くなり、やけどの跡も残りやすくなると考えられているのです。

 

スポンサーリンク

 

やけどの治療で最も効果的なのが、人間の治癒能力を利用する「湿潤療法」です。

 

名前の通り患部を乾燥させず潤いを持たせた状態にして、治療させるのです。

 

 

市販でも販売されているやけどの新しい治療方法

 

やけど 治療

 

今は市販で湿潤治療を目的に開発された、キズパワーパッドというものが注目されています。

 

傷口から出る浸出液と呼ばれる液体を外部に漏らさずに吸着させ、湿潤環境を作り上げるという方法です。

 

ドラッグストアなどで気軽に購入ができるということから、世間で注目を浴びておりこの方法を使うことで簡単にやけどを治療できると話題になっています。

 

緊急の場合は、ラップで代用もできます。ラップ療法と呼び、湿潤な環境をラップを使って再現しているので、キズパワーパッドと同じ構造をもたらせてくれます。

 

 

やけどの治療方法は、大きく変化しています。もちろん、すべてのやけどに対応している訳ではありませんから、状況を見ながら判断をしていきましょう。