やけどの痛みを和らげるのに効果的な3つの方法

やけど 痛み

 

やけどをすると、じんじんと痛みが伴います。患部を冷やしても、中々痛みが引かない時も多いですよね。

 

そんな時に、痛みを出来るだけ和らげる方法はあるのでしょうか?

 

 

症状に応じて痛みを和らげる方法は違う

 

やけど 痛み

 

やけどで感じる痛みは、症状の深度に応じてパターンが分かれています。その深度によって、痛みを和らげる方法も異なってきますので、状況に応じて使い分けてみるのが良いでしょう。

 

まずやけどをした時の基本は「流水や氷で患部を冷やす」必要があります。

 

の場合は、直接患部に当てるのではなくタオルなどで覆いながら当てていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

病院に行かずに手当てができる範囲のやけどであれば、患部を冷やすだけである程度の痛みは引いていきます。

 

しかし、深度の状況によってはそこからさらに処置を施す必要があります。

 

 

軟膏を塗ることで痛みは和らぐ

 

やけど 痛み

 

やけどの症状の度合いを示す深度がTと、一番軽い場合にはどんな方法を用いるのが一番良いのでしょうか。

 

やけどの痛みの中では一番軽度ですから、流水や氷で患部を冷やすだけで、ほとんどの痛みは無くなります。

 

スポンサーリンク

 

ですがじんじんとした鈍い痛みが残るようでしたら、患部に非ステロイド軟膏を塗ってみましょう。

 

軟膏を塗ると、皮膚が外部から守られますので治りが早くなります。そればかりか、痛みを和らげてくれるのでやけどに大きな効果を発揮してくれるのです。

 

 

やけどU度の場合は専用絆創膏を貼ろう

 

やけど 痛み

 

やけどの深度がUの場合は、痛みを和らげるのにどんな方法が良いのでしょうか。深度がU度の状態は水ぶくれが発生しているかいないかで判断をします。

 

T度に比べてより皮膚へのダメージがヒドく、簡単に治るレベルのものではありません。しかし、処置を上手に行えば痛みをかなり和らげることができるので、是非覚えておきましょう。

 

まずやけどをした幹部を十分に冷やします。水ぶくれが発生している場合、流水を直接当てるとそれだけで痛みを伴う危険性があるので、なるべく患部に当てないように工夫をします。

 

U度の場合、患部を冷やす程度では痛みは治まりません。そこで、「湿潤療法」という方法を採用している専用の絆創膏を貼ります。

 

これは大きな効果が期待できるので、痛みを和らげる効果は抜群です。